[PR]

まつ毛育毛剤はこちらからお求めいただけます。

五十肩でお悩みの方はこちらから。

中性脂肪を減らす食事について

昨今 メタボリックシンドロームや高血圧 コレステロールなどいわゆる生活習慣病と言われるものがテレビなどの話題にもよくあがります。心がけて食事をしている人もいると思いますが多くの人あまり気にせずに食べたいものを食べているのではないでしょうか。

中性脂肪はなぜ多くなると体に良くないかを、みなさんはご存知ですか?それは、血管に脂肪やコレステロールが溜まり動脈硬化などになりやすくなるからです。動脈硬化は現在の日本人の死因の中でも上位を占めています。

また他にも高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満などを引き起こす原因となってしまいます。こういった生活習慣病にならない為にも中性脂肪を下げる食事を心がけましょう。また今はそれほど、中性脂肪が多くない人でも年々体の代謝は衰えて行きます。

その為,しらないうちに中性脂肪が高くなっていたという事もあり得るのです。中性脂肪減らす食事を心がけていればこのような事態も防ぐ事が出来ます。見た目では分かりませんが、気付かないうちに内臓脂肪がたくさん溜まっていたという事も多く起こっています。

そこで、中性脂肪を減らす食事を推進する会では中性脂肪を減らす食事や運動、また原因など中性脂肪を減らすのに役立つ情報をお届けしていきたいと思います。毎日食べる食事ですからあまり作るのが難しい食事では毎日続けられません。

ですから、できるだけ誰もが作れて家庭にあったりスーパーなどで手軽に手に入れられる食材などを使って作れる中性脂肪を減らす食事を紹介していこうと思います。まずは、食べる量ですが食べ過ぎはいけません。

食材や調味料のなどを気を付ける前に食べ過ぎてしまってはカロリーも摂り過ぎてしまいますし良くありません。食べる量は腹八分目にしておく事が理想です。

食材では脂質の多い動物性の食材のバターや牛肉などの取り過ぎやケーキや甘いお菓子などの糖類の多い食材は中性脂肪を増やす原因となってしまうので取り過ぎはよくありません。中性脂肪を減らすために取ってほしい効果的な栄養素は食物繊維やミネラルです。

食物繊維やミネラルを摂ると中性脂肪の上昇を抑える効果があります。野菜や青魚や海藻類、キノコ類もカロリーが少なく食物繊維が豊富なので食べた方が良い食材です。昆布を使った料理をご紹介します。昆布はミネラルや食物繊維が豊富でスーパーなどで手軽に手に入れられる食材です。

昆布には中性脂肪の上昇を抑える効果があります。まず昆布を洗います。洗った昆布を細かく刻みます。それからご家庭にある人参や大根などの根菜を千切りにします。鍋に油をひき根菜と昆布を入れます。この時に使う油は植物性の油を使って下さい。

そこに市販の油が少なめか油が入っていないツナ缶を入れます。最後に市販のめんつゆで味を整えれば一品完成です。それに主食の白米を雑穀米などに変えてとろろ昆布で巻いておにぎりにするのもいいですね。

シイタケや舞茸、エノキなどのキノコ類を使ったスープを添えれば、中性脂肪を減らす食事の出来上がりです。中性脂肪を減らす食材は昆布やくるみ、トウガラシや豆類、たまねぎや牡蠣などたくさんあります。

いつも使っているドレッシングではなく酢やたまねぎを使って手作りのドレッシングを作ってみるのもよいでしょう。手作りドレッシングで野菜をたくさん食べて中性脂肪を下げましょう。

あまり難しく考えては続けられないので、効果のある全部の食材をいっぺんに取ろうとせず、意識をして取り入れていく事が中性脂肪を減らす食事に繋がります。また食生活も大切ですが、食べたいものを我慢し過ぎてそれが、ストレスになってしまっては困ります。

ストレスが溜まって反動で甘いものや牛肉などを大量に食べてしまうなんて事になってしまっては逆効果です。無理をし過ぎず出来る範囲で、食生活を見直しましょう。適度な運動もした方がなお中性脂肪を減らすのに効果的です。

お薦めサイト

ブロック注射の専門サイトはこちらからご覧いただけます。

腰部脊柱管狭窄症について詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。

頚椎ヘルニアについて詳しく記載されているサイトはこちらからご案内致します。

腰椎椎間板ヘルニアの専門サイトはこちらからご覧いただけます。

新着情報

 2016年10月16日:自宅で行う方法
 2016年07月26日:朝に行うと効果的な理由
 2016年06月27日:緊張性の頭痛に注意