中性脂肪を減らす食事を推進する会 » バリアフリー工事の問題点

バリアフリー工事の問題点

まずはスロープです。階段や段差をなくすためにスロープを付けるのですが、この角度があまりにも急すぎてしまったら、それは疲れてしまいます。

また、スロープだけではなくそれに手すりが必要となることが多々あります。手すりがなければ年寄りや要介護者はふらついて危険です。そのためには、スロープの幅も問題になります。

また、階段や廊下に手すりを付けた場合には、その高さも重要です。他によく言われるのは、浴室のリフォームについてでしょうか。これも手すりの高さや、洗面台をリフォームする時にはこれの配置なども重要でしょう。

洗濯機の置くスペースを考えたら思ったより広くなかった、動線の確保ができていない、など。また、あまりにもバリアフリーにしすぎてしまうということも、意外ですが問題になります。

あまりにも日常生活に力を使わないようにしてしまうと、それはそれで住みやすいのですが、身体の力が衰えてしまいます。

どこまでのバリアフリーを必要とするかは人それぞれですが、あまりにも過度にやってしまうと問題になってしまうでしょう。住む人それぞれに合わせたものを施さなければなりません。