中性脂肪を減らす食事を推進する会 » クレームにしないために

クレームにしないために

リフォームとは既存製品を購入することとは違い、出来上がってないものを購入することに他なりません。イメージしていた結果と違う、というようなことにならないようにする最大限の努力が必要です。

しかしながら、クレームの対象になってしまうようなもの、つまりは予定とは違うものとして出来上がってしまったらどうなるでしょう?そのまま諦めきれるでしょうか?そうではなくクレームを出すという方は多いでしょう。

クレームを出す際に具体的にどこが気に入らないのか言えるよう、ある程度の知識を持っておき、また、契約以前の段階でメモなどをとりデータとして保管しておくことが必須ではないでしょうか?

前もって業者に確認しておくのはもちろんのこと、リノベーション費用見積比較ナビのような情報サイトで知識を得るのも重要です。

出来上がりがイメージとは違う、ですとか、取り付けられた資材がイメージよりもやすっぽい、などの漠然としたクレーム内容になってしまうことも仕方のないことかもしれませんが、できれば品番やメーカのデータを取っておくことで改修などを頼むことができるようになるかもしれない、ということを意識しておきたいものです。

また、工事業者の訪問、駐車違反、近隣迷惑などについてはすぐにでも業者へ連絡をすることがよいでしょう。

そのようなことではうまく進行するはずがありませんから、常に目を光らせておくことが重要と思われます。

もしもこのようなイメージにしたい、という漠然とした方法である場合は、出来上がりイメージについて業者とのできる限りのコンセンサスをかわしておくことがよいでしょう。

その時点で業者に見てもらうことで、すぐにでも違いがわかるようになりますから、すぐに面倒を見てもらえることと思います。

依頼作業が全て終わった時点で、業者の代表の方とその状態を見て、説明を受けることも重要です。

その時点でもし傷等があった場合にはすぐにでも修繕等してもらえますが、後からクレームをしてももう遅い、ということになりかねません。