中性脂肪を減らす食事を推進する会 » 変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の症状

ある程度の年齢になってくると変形性膝関節症と呼ばれる病気で悩まされる人が増えてきます。ではこれはどういった病気なのでしょうか?

変形性膝関節症というのは膝の関節が異常をきたしてしまう病気です。通常膝というのは軟骨呼ばれるものがあり、この軟骨によって膝にかかる衝撃を抑えて負担を減らしているのです。

もちろんほかにも筋肉なども負担などを減らす要因となっていますが、ある程度の年齢になるとこの筋肉なども衰えてしまいます。

そして、軟骨が次第にすり減り衝撃を抑えられなくなってしまうとこの変形性関節症になってしまうのです。この症状というのは主に痛みです。

歩いたり立ち上がったりと日常では欠かせない行動をするときに痛みが発生するのです。この病が悪化すればするほど痛みも強くなってきてしまうので、しっかりと対照しなければなりません。

さらに、関節などが曲がらなくなるなどの制限なども出てきてしまうのがこの変形性膝関節症の特徴になっています。ではなってしまった場合にはどういった対処をすればいいのでしょうか?

変形性膝関節症というのは実はしっかりと対処ができるのです。それはしっかりとした運動を行うことです。この病気は運動を行うことである程度の対策ができるのです。

年齢によって筋肉は衰えてしまいますが、それを運動をすることで、筋肉の衰えを防げば膝の負担も軽減でき痛みなどをしっかりと押さえることができるようになるというわけです。

これは治療にもなりますし、予防にもなるのです。普段からある程度の運動をお紺っているだけでもこの変形性膝関節症というのはしっかりと防ぐことができるようになるのです。自宅にいながらでもできる運動をしっかりと行いましょう。