中性脂肪を減らす食事を推進する会 » 自然治癒で治していく

自然治癒で治していく

椎間板ヘルニアは治療をしなくても自然に治っていく病気とも言われています。この根拠は、椎間板ヘルニアの激しい痛みの発症と同時に、ほとんどの方は安静にすることになります。

そして、腰への負担をかけずに、また、椎間板ヘルニアの激しい痛みが起きないように体の姿勢をキープすることで、ヘルニアになった椎間板の髄核はだんだんと縮小していく、というものです。そしてまた、椎間板ヘルニアで自然治癒の効果をもっと多く引き出すために使用される治療法が、保存療法です。

椎間板ヘルニアの治療では主に、理学療法、薬物療法、ブロック注射などを用います。急性期にはまず安静にしますが、慢性期になれば、牽引療法を用いて患部の刺激を緩和させます。

牽引には、圧迫している部位と圧迫を受けている部位をできるだけ離すようにして、その状態を維持できるようにする効果があります。このためには筋肉のトレーニングや姿勢の矯正も大切です。

椎間板ヘルニアの痛みが無い場合、特に腹筋や背筋を鍛えて、背骨が極端に曲がらないようにサポートする必要があります。また痛みがある時はリハビリは禁物です、神経の炎症が治まって、機能を回復させるのに充分な体になったときに初めて、リハビリは効果を発揮できるようになります。

薬物療法は、炎症の強いとき、痛みある時、また慢性期で穏やかな時期にも効果があります。急性期では短期間でより強い薬を投与し、過度の摂取を控え、それでも胃腸などに障害がある場合に備えて、胃腸薬を併用する場合もあります。

また座薬を用いるケースも出てきます。ブロック注射は一般に硬膜外ブロックが主体になる場合が多く、神経に直接注射をするため、副作用の心配がありません。

また、効果が無い場合には神経根ブロックをする場合もありますが、入院が必要になることが常です。

これらの自然治癒へのバックアップをしっかりと行えば、ほとんどの椎間板ヘルニアは自然治癒で改善することが可能ですが、中には早期の治療とは程遠い場合もあり、残念ながら手術に踏み切るケースもあります。