中性脂肪を減らす食事を推進する会 » 痛みの症状

痛みの症状

年齢を重ねるごとに腰などが痛くなってきたなんて経験はありませんか? 多くの人は年をとったからと簡単に片づけてしまうのですが、実はそれは年齢のせいだけじゃない可能性があるのです。

腰痛の原因のいうのは様々ありますが、その中の一つが頚椎ヘルニアです。ヘルニアというのはきいたことがある人も多いと思います。

よくヘルニアと呼ばれているものは椎間板ヘルニアのことで椎間板と呼ばれる部分がなんらかの原因で飛び出してしまい神経を圧迫してしまい色々な症状を引き起こす病気なのです。

この頚椎ヘルニアというのは、最初は肩こりから始まります。普段よりも肩こりが長く続いたことがあるという方は実はこの頚椎ヘルニアの可能性があるのです。

そして、悪化してくると今度は手や足などが痺れるようになってきます。次に腰に痛みがきて最後には物がもてなかったり、歩けなくなったりするまで進行してしまうことがあるのです。

腰の痛みなどが出始める前に痺れがあったり、肩こりなどがあったりした場合には実はこの頸椎ヘルニアになっている可能性が高いので、まずは病院に行って診てもらうことをお勧めします。

頸椎ヘルニアというのは長く放っておけば放っておくほど治りにくくなってしまう病気になっています。治っても再発してしま病気でもあるので、異変を感じたらすぐに病院に行くことをお勧めします。

さらに、頸椎ヘルニアというのはある程度予防をすることも出来るようになっているのです。普段の生活で運動やマッサージ、ストレッチなどを行うだけでもこの頸椎ヘルニアというのは予防することができるのです。

よく首などを酷使しているという人はこういったことを行ってしっかりとヘルニア対策をしておく事をお勧めします。ヘルニアはなってしまうとなかなか治りにくいのでしっかりと対策が必要なのです。