中性脂肪を減らす食事を推進する会 » 種類について

種類について

医療で使われている注射というのは実は様々な種類があるのを知っていますか? その中に痛みなどを抑えるブロック注射と呼ばれるものがあります。

ではこの治療法というのはどういったものなのでしょうか? これはヘルニアやぎっくり腰などのような病気になってしまった場合に使われる注射の一つです。

これの主な特徴というのはなんといっても持続時間です。腰痛などの症状を止めるものとしては痛み止めがつかわれることがありますが、こういったものを使用する場合は持続時間が短いという特徴があります。

さらにはこれらの方法は何度か使うと効果が薄れてしまうといった特徴もあるのです。そういったときにこの治療方法ならば、症状を数週間程度の長い期間にわたって抑えることができるというところと、さらには何度も使うことができるという特徴があります。

この治療法というのは基本的には症状が出ている部分に打つ麻酔注射なのですが、実は打つ場所や薬などが場合によって呼ばれ方や必要な技術が異なります。

それぞれ特徴や痛みなどが出ている部位によって選びそれを打つのです。よくつかわれるものとして知られているのがファセットブロック注射や仙骨部硬膜外ブロック注射、神経根ブロック注射と呼ばれるものです。

これら以外にも様々な種類がありそれぞれの症状によって打ち分けるのです。こういった注射というのは最近では多くの医療機関で行うことができるようになりました。

医療機関などによっては費用などが変わってくる場合があるので、この注射を打つというときにはしっかりと場所を選んで打ってもらうということが大切です。

痛み止めなどを使ってもどうしても耐えることができない痛みというのが続く場合にはこういった方法を利用してみてください。