中性脂肪を減らす食事を推進する会 » キッチンにかかる費用

キッチンにかかる費用

リフォームによって、壁つきのキッチンを対面に変更する場合は、今までキッチンのあった場所の壁や床の補修費用や、給排水管の移設、電気配線工事、ガス配管移設工事などの費用が発生することになるため、工事費が多くかかってしまいます。

一般的に壁付きタイプを同じタイプのもの取り替える場合の工事費は、間口2,550mmの場合で、15万~40万円位(キッチン本体含まず)で済みますが、壁付きタイプから対面タイプへの変更の場合では、間口2,550mmの場合で、40万~100万円位(キッチン本体含まず)の工事費がかかってしまうために、リフォーム費用のアップに繋がりやすいのです。

さらに、キッチン周辺のユニットにも気を付けなければなりません。キッチンと一緒にリフォームしたくなるのが、収納力あふれる周辺ユニットです。

本体と合わせた周辺ユニットを取り入れることで、収納力が一段とアップて、全体に統一感が生まれますが、これらもキッチンリフォームの費用アップのポイントとなってきます。

選ぶユニットの間口、高さや仕様によっても工事費用は大きく異なってきますが、標準的な食器戸棚ユニットで間口1,200mmの場合、25万~35万円前後、間口1,800mmの場合では40万~80万円程度の追加費用が発生してしまうのです。

キッチンリフォームの費用について更に詳しくお知りになりたい方は、リノベーション費用見積もり比較ナビに相談することをお勧めします。また、間取りの変更や壁の撤去なども追加費用の大きなポイントとなり十分に検討が必要です。

特に耐震性の面でかなり左右されますので、間取りの変更などを計画する場合は費用の4面にプラスして、リフォーム業者とプランの打合せをじっくりして、安易な壁の撤去などは避けるようにしなければなりません。

このように、キッチンリフォームにはこだわりたいポイントが多くあると同時にそれにともない、リフォーム費用も追加されていくのです。

住む方によって使い方も様々だと思いますので、こだわる部分や暮らし違いにより使いたいキッチンの設備機器などは変わってきます。

ですから、事前にキッチンのカタログやショールームなどで内容を確認し、各家庭にあったキッチ選びからされることが一番重要となってくると私は思いました。