中性脂肪を減らす食事を推進する会 » ブロック注射の効果

ブロック注射の効果

頸椎や腰椎部において発生する椎間板ヘルニアですが、一度でも患ってしまい椎間板ヘルニアの症状が自覚できる程度にまで進んでしまうと中々に完治というものが難しく、椎間板ヘルニアの痛みを恒常的に感じてしまうことになりがちです。

そのようになってしまった場合には日々の生活について動作や姿勢に著しく制約や困難が生じる可能性が高くなります。

その中で椎間板ヘルニアで一般的に用いられる保存療法を処置しても一向に痛みが改善されないといった際にはブロック注射を用いることがあります。

これは私たち人間の身体において痛みの信号を脳へと伝える神経を、局所麻酔薬を患部の神経や周辺の細胞組織に作用させることで麻痺させます。

そうすることで痛みの信号を遮断することが出来るため高い鎮痛性能と即効性が特徴の治療法です。このような治療方法自体にはいくつか種類があり、その中から患者の症状に合わせ最適なものが用いられます。

ではここで例として神経根ブロック注射の内容についてご紹介しましょう。実はこの方法は、みなさんもこれまでに経験していることが多いと思います。

それは歯医者において歯を抜歯する処置を行う際にはこの注射に用いるものと同じ麻酔薬を用いるからです。

この方法は比較的強い痛みを生じている場合に用いられることが多く、神経根という部位に局所麻酔薬を作用させることで先程説明したメカニズムにより痛みを抑制することが出来ます。

また、場合によっては神経根に注入するのに抗炎症剤を用いることもあります。さらにこの方法の特徴的なポイントは、単純な痛みに対しての治療目的のみで用いられるだけではなく、疼痛の再現性を確認するといった診断にも用いられます。

相性が良い場合には1ヵ月以上効果が継続することもあり、非常に強力な治療法と言えるでしょう。