中性脂肪を減らす食事を推進する会 » 油について

中性脂肪を減らす食事

油について

毎日の料理で案外多く使っているのが油です。中性脂肪が多い人は料理などに使われ、ほぼ毎日摂取しているので気を付けて下さい。食材を焼いたり炒めたりする際に少量の油をひいて使います。

これは、食材が焦げ付かないようにする目的や風味をつけるなど色々な理由で用いられています。この際に調理に使われたものも体の中に多くの量を摂取してしまえば中性脂肪が増えてしまい体には悪い影響が出てしまいます。

ご存知の方は少ないかもしれませんが、中性脂肪は合成されることによって作られています。中性脂肪の合成についてですが、中性脂肪が合成される時には二種類の脂肪酸が必要になります。

この二種類の脂肪酸ですが、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸と呼ばれる種類の脂肪酸です。不飽和脂肪酸の方はコレステロールを下げる効果があります。できるだけ不飽和脂肪酸を含む種類を選ぶようにすると良いでしょう。

サラダ油やオリーブ油・ごま油の植動物性の種類や魚の脂などがあげられます。しかしこのコレステロールを下げる効果がある植物性のものは酸化しやすい性質があるので封を開けたら冷暗所に保管して、早めに使い切ることがポイントです。

またこれらの植物性のものとは逆にコレステロールを上げてしまう飽和脂肪酸には、バター・ラード・鶏皮・肉の脂などがあげられます。中性脂肪の多い人やコレステロールが高い人は不飽和脂肪酸を含む種類を意識をして使ったり、料理に含まれていたりするものは動物性なのか植物性なのかを気にしておくといいでしょう。

動物性の種類を全く摂らないといった極端な事ではなくなるべく意識をして植物性のものを摂るようにした方がいいということです。市販でも特定保健用食品と記載がある油やコレステロールを下げるまたはコレステロール0などの記載がある商品があります。

一般の食用油よりも少々割高になりますが、健康の為にはこれらの商品を選んだほうがよいと思います。魚の脂なども摂って良い成分ですから肉料理ではなくて、魚を使った料理を食べるといいでしょう。和食には魚を使った料理がたくさんあります。

お寿司などは日本食の代表格ですね。青い背をした魚であるイワシ・サバ・ブリなどにはコレステロールを下げる働きのあるDHAが含まれています。マグロのトロの部分にもこの成分は含まれています。選ぶときに参考にしてみて下さい。

またイタリア料理でも魚を使ったスパゲッティーをオリーブオイルやバジルなどの野菜、キノコ類などを使ったりした料理があります。それらの料理は中性脂肪が多い人でも食べれば中性脂肪を下げる効果がある食材がたくさん含まれています。

外食でも自宅で作る場合でも参考にして健康的な体が作れる献立を考えてみて下さい。美味しく出来たからと言って食べ過ぎないようにしてください。