中性脂肪を減らす食事を推進する会 » S・I住宅について

リノベーション

S・I住宅について

S・I住宅という言葉を皆さんはご存知でしょうか。S・I住宅とは、リノベーションの中でもメンテナンスがしやすくなっていて、Sであるスケルトン部分とIである中身の住戸の部分というように分かれていて自由に変更ができるようになっている住宅のことを指します。

ではなぜ、このようにS・I住宅はこのようになっているのでしょうか。S・I住宅は構造の躯体が100年の長寿命を持っていても、設備や内装材は大抵の場合、20年~30年という短い期間で老朽化してしまいます。

今までは、共有の排水のための縦管などは居住区に入り込んでしまっていて、専有部分と今日中部とが絡み合っていたために変更することができませんでした。

しかし、リノベーションができるようになったことで、自由に間取りを変更することで、住む人に合わせて住宅を作り変えることが可能になったのです。

これによって空間のデザインの幅が広がりました。これからは、個人のライフスタイルに合わせたリノベーションが可能となり、S・I住宅はただ単にメンテナンスの面で有利というわけではなく、世代を超えても住むことが可能な住宅を作っていけるようになったのです。

他にも、新築のS・I住宅であれば、将来に向けたリノベーションも可能なので、多少老朽化したと仮定しても資産価値は比較的高くなるということが十分考えられます。

S・I住宅にすることで、長く住めることや住む人に適した住空間を提供できるということを分かりやすくお客にアピールすることができるということも住宅を売る側にしてみればとても喜ばしいことです。

お客は、基本構造がしっかりとしていて耐久性が高く、なおかつ、間仕切りを移動したり、デザインを変えていくことで、より居住空間にもっているニーズを満足できるようにしていけるため、これは買う側と売る側の双方にメリットがある住宅作りと言うことができます。