中性脂肪を減らす食事を推進する会 » 様々な治療法

四十肩・五十肩

様々な治療法

高年齢の人が悩まされる病気の一つに五十肩があります。これは基本的には若い年代の方にはおこらず、名前の通り五十代以上の方がなる病気となっています。

ではまずこの症状というのはどういったものなのでしょうか。症状というのはまず一つが痛みです。よく間違われがちなのが肩こりですが、肩こりとは全くの別物です。

五十肩の場合は肩だけではなく腕などに痛みが来るのです。そして、特徴的な部分は運動制限が出てくるということです。

通常の肩こりならば運動制限などはあまり現れませんが、発症してしまうと肩がしっかりと上げることができなくなるなどの運動制限が現れてくるのです。

また、この病気というのは自然に治るものでもあります。人によって期間は違いますが、場合によっては何もしなくても数カ月程度で治るのです。

しかしとはいえしっかりと医者に診てもらうということが大切です。痛みがなくなっても運動制限などが治らないことがあります。

なので、そうならないためにも早めにしっかりと病院に行き状況を話すということが大切なのです。改善法というのは多くあります。

基本的な方法としては内服薬や外用薬で治す方法がつかわれます。これらならば時間はかかりますが、痛みを和らげることができるので、痛みで悩まされるということもありません。

ほかにも神経ブロックと呼ばれる方法がつかわれることもあります。これは神経に麻酔注射をすることで痛みをなくすというものです。神経などの病気にはよくつかわれている方法です。

こういった薬や注射を使った方法と一緒に運動やストレッチといった方法などを使って治していくのが改善の基本なのです。そのうち治ると放っておかずにしっかりと病院に行き適切な治療を受けましょう。