中性脂肪を減らす食事を推進する会 » ストレッチでの改善

ストレッチでの改善

頚椎ヘルニアという病気を耳にしたことはある方が多いと思います。頚椎ということで、首の部分で発生したものとなりますね。

頚椎ヘルニアを患ってしまうと、痛みなどの多様な症状が発生します。そのような症状に対し治療を進めていくとして、その治療法の一つとして“ストレッチ”が挙げられます。

一般的にも周知されている方法ですが、頚椎ヘルニアに対しては実に有効とされ、種類として保存的治療法とされるものとなっています。

手術などの直接的に患部の状態を改善するものとは異なり、ストレッチを行うことで患部の状態をそれ以上悪化させずに痛みなどの症状を和らげることを目的とします。

頚椎ヘルニアでこのような方法が有効とされる理由として、痛みを感じている筋肉に程良い刺激を与えることで筋肉の緊張状態をほぐすことが出来ます。実は筋肉というものは緊張状態に陥ると血行が悪くなってしまいます。

そうすることで正常な代謝活動が行われずに結果として痛みを増幅させる事態となります。つまりは痛みの増幅のループという悪循環に陥ってしまうのです。

筋肉の緊張状態をほぐすことが出来ると、痛みの増幅を防ぐことが出来ますし、血行を促進して人間の身体の機能である代謝活動を高め、異常の回復機能を向上させる事で有効な治療となるのです。

また、頚椎ヘルニアでストレッチが有用とされる理由に自宅において簡単に治療が出来るということが挙げられますよね。自宅ならば自分のペースで治療を進めていくことが出来ますし、やり方もそれほど難しいものではないからです。

近年では社会の変化などによりデスクワークが増え、首から肩にかけての負担が増えています。疲労が溜まった状態は頚椎ヘルニアのリスクを高めてしまいますので、日常生活の中に定期的にストレッチを行う習慣をつけるのがおすすめです。