中性脂肪を減らす食事を推進する会 » ストレッチボードについて

ストレッチボードについて

ストレッチボードとは、ちょっと斜めになっている平板な板のようなストレッチ器具です。この上に立っているだけで、体が柔らかくなって気持ちよくなり、また疲れの癒しの効果もあります。

またストレッチボードの効果は様々で、毎日お風呂上りに乗っていたら、固かった体がとてもやわらかくなった、という方もあれば、腰痛が改善されたという例もあります。

また特別に他の方法よりもすごかった、というケースはあまり多くなく、足の反射区を利用したツボボードなどのほうが効果が高い、という方もいらっしゃいます。

ストレッチボードに乗っていると、背筋が伸びるのがわかり、また背中周りの血行も改善されているような感じがします。また乗ることでふくらはぎの後ろ側の筋肉が伸び、凝っている方は最初は痛みますが、徐々に気持ちがよくなってきます。

最近はパソコンの弊害が多く取り沙汰されていますが、仕事でパソコンを長時間使用している場合、だんだんとモニターにのめりこんでいくことで、猫背になりやすいといわれています。

また猫背になればなるほど腰には負担が大きくなりがちです。こんな場合にもストレッチボードは効果があります。肩凝りになることも多いですが、肩凝りは頭や背中の筋肉を固くするだけではなく、ふくらはぎのあたりまでの筋肉にも大きく影響します。

ストレッチボードや中川式ストレッチングベンチに毎日乗るだけで、肩凝りや腰痛の改善効果が現れ、また一日の疲れを癒すこともできます。

病院によっては、理学療法の道具の1つとして設置しているところもあるようです。アキレス腱の筋肉に対して、筋力増強作用や拘縮解除作用を期待できるそうです。

ストレッチボードは足を乗せるだけです。平衡感覚を養う必要があるくらいで、お風呂上りにのぼせた状態でもなければ、誰でも簡単にその効果を体験することができるツールです。

高齢者の方も他のツールはちょっと苦手、という場合、ストレッチボードを勧めると、とても喜ばれる方が多くいらっしゃいます。