お薦め情報

その他・お薦め情報

中性脂肪の原因

毎年、会社などで行う健康診断で、中性脂肪が多いと診断が出る方は多いのではないでしょうか。気にしていてもどうして中性脂肪が増えてしまったのか何が原因なのかいまいちわからない人や、どうしたら中性脂肪を減らせるかと思われている人もいるでしょう。

中性脂肪が多くなってしまう理由をここではご説明します。まず一つ目の原因としては食生活です。近年、日本人の食事は欧米化が進み肉を食べる機会が多くなっています。

そこに味付けの濃いソースやマヨネーズなどの調味料などを使った味の濃い料理を食べているのです。元々、日本人は米を主食として魚や野菜などを多く食べていました。

しかし、食事が欧米化している事により、脂質などを多く摂取している事が大きな原因になっているのです。二つ目の原因として毎日の忙しい生活の中で起こってしまう運動不足が原因となっています。

仕事などに追われてなかなか運動する時間が取れなかったりついつい運動する事が面倒になって、体を動かしていないという方も多いでしょう。運動不足になると当然、筋力も衰えていき、代謝も落ちて行きます。

脂肪を燃焼する事も少ないの燃焼されなかった脂肪はだんだんと体に溜まっていってしまいます。血管がコレステロールや脂肪で狭くなり、血流も悪くなっていきます。

だるくなったり、疲れやすくなったり、体が重くなるなどする事によって、さらに運動をするのが億劫になり、ますます運動不足になります。

これでは悪循環です。運動不足が原因の一つなので心がけて運動をする事が中性脂肪が多くなる原因を減らすことになります。いつも通勤でバスを利用している方などは少し早めに家を出てバス亭1つ分歩いてみたり、エスカレーターやエレベーターを使わずに歩くなど最初は少しづつ運動をしてみましょう。

休日などにまとまった時間が取れる時はウォーキングやジョギングなどを行ってみるのも中性脂肪の原因を減らす事が出来ます。三つ目の原因としてアルコールの摂取があります。

アルコールを摂取する量が多いと、肝臓から中性脂肪の生成量が増えて行きます。すると肝臓の中に中性脂肪は溜められていきます。

この肝臓の中に溜まった中性脂肪はそのうちに慢性肝炎を引き起こしてしまいます。この状態がひどくなると肝硬変に変わります。最悪の場合には肝臓がんにまで発展しかねません。

このようなリスクを回避するためにもアルコールの摂取はほどほどにして、中性脂肪が増える原因をなくしていきましょう。